どんな人でも電子書籍を作れる

subpage1

電子書籍は読むためのものですが、自分で作ることもできます。紙の本だったら、コストがかかり、経済的な余裕のある人でなければ、簡単に作ることはできません。

しかし、電子書籍の場合は決められたフォーマットを使えば、どんな人でも作れるようになります。
もちろんその電子書籍の内容は大切です。せっかく作っても、内容がつまらなかったら、それを読む人はいません。
できるだけ多くの人を惹きつけるものを書く必要があります。

一番良いのは、自分が詳しいことを書くことです。

例えば、営業の仕事の経験のある人は、自分がその仕事で得たノウハウを書くようにします。

このようにすると、ないように真実味が出て、多くの人に読んでもらえるようになります。

もちろん、自分の知らないことを書いても構いません。

電子書籍情報をご紹介いたします。

知らないことでも、資料を読んだり、ネットで情報を集めたり、取材すれば、本を書くために必要な素材を集められるようになります。
ただし、この方法は時間がかかります。


最初は自分の知っていることを中心に書いた方が、完成が早くなります。
自分で書いた電子書籍は、仕事に活用できます。
自営業をしている人だったら、特に自分の仕事の宣伝になります。



例えば、司法書士の方だったら、自分が依頼を受けた案件のことを書けば、自分の仕事をぶりをアピールできます。



それをネット上で無料で公開しておけば、将来的に仕事につながることもあるでしょう。ぜひ自分の仕事に電子書籍を生かす方法を模索してください。

ビジネスが気になる方

subpage2

出版社や印刷会社が関わる紙媒体の書籍と比較して、電子書籍は個人でも発行し販売できるので、時間も手間もかかりません。従来、書籍を発行し販売するためには、著者以外にも多くの人間や企業が関わってきました。...

next

ビジネスの納得の真実

subpage3

電子書籍には、便利な特徴がたくさんあります。ですから、書籍を購入したり読んだりする時には、充実度が高いと言えます。...

next

ビジネスの納得の事実

subpage4

電子書籍の中には、無料で読めるものが多くあります。例えば、著作権が切れた昔の作品は、無料で読めることが多いです。...

next

ビジネスの常識

subpage5

本好きの悩みの種は、増加する書籍類をどのように保管するかという点です。処分しようと、分別を始めるかもしれません。...

next